home 返還額の傾向 訴訟したときの反応 歴史 その他の特徴 貸金業者ごとの特徴 無料相談

訴訟をするとどうなるのか?

エポスの場合、1995年頃以降に取引が始まり全履歴が
開示されているケースでは、訴訟前に和解が成立することがほとんどです。

ただし、訴訟になると代理人がついてきてかなり手強い相手となります。
尚、過払い金に対する悪意の受益利息である5%を付けての和解も可能ですが、
この場合、本社決裁となるため
回答が来るのに2~3週間程度の期間がかかります。

また、債務者本人が行った過払い金返還請求手続きでは、
取引履歴が和暦で表示されているにも関わらず、
和解に必要な計算書では西暦が使われているなどの統一性がなく、
同じコンピュータからのデータでないことは確実であり、
明らかに返還額を調整していのは明らかだと言えます。

債務者の中には「サラ金よりもあくどいやり方をしてくる」
と訴える人も少なくありません。

ちなみに、グループ会社である「ゼロファースト」は、
債務者の自宅に電話をした際、電話口に家族が出た場合でも、
平然と社名を告げて本人への取り次ぎを告げたり、
事情があり返済期日より数日送れる旨の連絡を入れた債務者に対して、
電話口に出た社員がものすごい勢いで怒鳴るなどの対応が
問題となった時期もあります。

エポスは、MRIに過払い金返還請求手続きを業務委託し、
過払い金元金の和解までに関してはMRIに決裁権限を持たせて
すべての業務を代行させ、悪意の利息となる5%の付加を求める場合には、
丸井(本社)の決裁が必要な体制となっていましたが、
MRIとの業務委託契約は2010年6月末をもって解消しています。

このMRIは、エポスカードが全額出資をし
2004年に設立した債権回収サービスを提供する会社です。

ページのTOPへ
soudan

借金の過払い金返還請求は、時期が先になるほど、
請求する方にとって不利になるかもしれないからです。

貸金業者に過払い請求する方が多くなり、中には、
倒産してしまった会社もあります(アエル・クレディアなど)。
そうなると、過払い金の回収は非常にむずかしくなります。

お電話(Eメール)だけなら簡単です。

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

sodan

24時間受付・携帯電話からもつながります

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、
払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、
電話料金を負担していただくのはしのびありません。

司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。
どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

★Eメールからのご予約は、下の「赤いボタン」をクリックどうぞ。
(ご安心ください。ボタンをクリックしても、
無料相談ページに移動するだけで、 無料相談申込みにはなりません。)

無料相談のご利用

今すぐにでも、無料相談のご連絡どうぞ!

追伸:
無料相談をご利用の方が時間を気にせずお話できるよう、
過払い金についてのご相談の予約は、
原則、1日3件までに限らせていただいています。

お早めの日に過払い金の相談をご希望の方は、
いますぐにでもご連絡をどうぞ!

ページのTOPへ